「とりでん 久留米国分店 」食レポ 国分町

今回は、国分町にある「とりでん 久留米国分店 」に行ってきました。

店外の様子

福岡の方ならよく使う国道3号線。

その道沿いにお店はあります。

看板

オレンジ色に光る「鳥」の象形文字のような看板が目印です。

看板が大きいのでとても目立っていました。

明るいときに来店すると

このような感じです。さっぱりとした外観です。

串焼きのほかに釜飯とも書いてあるので、

メインメニューはこの2つだと思います。

駐車場はかなり広めにとってあります。

西鉄久留米駅から離れているので、

車で来た際には、

こういった広めの駐車場があるととてもありがたいです。

店内の様子
入口

店内へは、靴を下駄箱に入れてから入店するスタイルです。

壁にはお客さんの写真がたくさん飾られていて楽しそうな雰囲気です。

誕生日のような写真だったので

店内でお祝いしてくれるのかもしれません。

カウンター

入って右手にはカウンターがあります。

そのほかは半個室のようになっていて子供の声がたくさん聞こえました。

家族ずれが多いようです。

半個室
カウンター

カウンターに座りましたが、椅子がソファのようにふんわりとしていて

隣との間がかなり広くあいています。

ゆったりと座れる上に、カウンターの前は厨房が見えないように

仕切りが高めに設定されています。

とてもリラックスできる作りになっていました。

メニュー

メニューはたくさんあり、

串以外に鍋や釜飯、揚げ物からドリンクに至るまで、

まるでファミレスのように充実しています。

食べ放題や飲み放題もあるので家族連れも多いです。

これなら好き嫌いがある人とでも、

安心して食べに来ることができると思います。

たくさんの誘惑に迷いながらも、早速焼き鳥を注文してみました。

野菜串3本盛り

まずはかるく野菜の串からいただきます。

こちらは野菜のみを3種類焼いた3本盛りになっています。

最近は白ネギが串に入っていないことが多いのでうれしいです。

食べると甘く、また細かい鰹節でほどよい旨味があります。

トマトは普通でしたが、ししとうもアツアツです。

せせり

こちらはせせりになります。

数量限定ということでしたが今回はありました。

食べるとぷりぷりとやわらかく、塩の具合もちょうどよいです。 

レバー

こちらはレバーになります。

ふだんはあまり食べないのですがたのんでみました。

運ばれてきたときは湯気が出ていました。

本当にできたてを提供しているのだなと感動します。

食べると一口目はプリっと、その次にサクサクとした歯ごたえがあり

最後にはレバー特有のねっとりとした感触になります。

臭みもなく、タレがからんでおいしいです。

ねぎま

こちらはねぎまになります。

ねぎまでも最近は鶏肉との間に

「玉ねぎ」がはさまっていることが多いです。

白ネギ好きとしては残念だったのですが、

やっとこちらの店で見つけることができました。

ネギ自体は少し焦げ気味ですが香ばしく、

タレのとり身との相性抜群。

これはどんぶりご飯にのせても、合うのではないでしょうか。

いろいろいただいてましたが

今回のおすすめはこちらになります。

カリカリぐるぐるとり皮

カリカリぐるぐるとり皮になります!

一時、福岡市の方で流行りました。

皮を串にぐるぐる巻いて、カリカリになるまで焼くのですが

これが、カリカリ好きにはたまりません!

しかし、焼き鳥激戦区の久留米ではほとんど見たことがなく

福岡市まで行かないと食べれないのかと思っていました。

まわりはカリカリ、噛むとビローンと皮がついてきますが

食べるとぷりぷりで絶品です。

個人的にはもっとカリカリでもいいなと思いました。

白ネギやカリカリ皮を、

久留米で堪能することができて大満足です。

今回もごちそうさまでした!

住所・TEL・営業時間など
店名 とりでん 久留米国分店
住所 福岡県久留米市国分町1598-1
TEL 050-3468-4113
営業時間 17:00~24:00 (L.O.23:30)
店休日

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です