「焼鳥 とり和」食レポ 六ツ門町

今回は、六ツ門町にある「焼鳥 とり和」に行ってきました。

店外の様子

久留米シティプラザくるめりあ六ツ門の近くにお店があります。

道沿いにあるので、見つけやすいです。

窓がすりガラスになっているので、お客さんの入りもわかります。

外から見ても入りやすいお店です。

看板には「焼鳥」の文字。早速入ってみます。

店内の様子

店内にはL字型にカウンターがあり、奥に1室個室があります。

写真にあずき色ののれんがあるところが個室です。

少し狭いのでお手洗いがないかと思いましたが、

写真にある白い扉が、お手洗いになっていました。

扉の近くには芸能人の写真も飾られています。

メニュー

メニューは、ほとんどが串ものとなっています。

これぞ焼鳥専門店といった感じです。

中にはあまり聞いたことのない串もあります。

当日は2名で来店しましたが、キャベツが1人1皿ついてきます。

そしてメニューには

キャベツは2杯目まで無料とのこと。ありがたいです。

注文すると、比較的早く串が運ばれてきます。

目の前に焼き場があるので、できたてをいただけます。

まずは豚バラになります。

サイズは通常サイズですが、厚みが薄いです。

厚みが薄いと、硬くぱさっとした感じを想像しましたが、逆でした。

こちらの豚バラは、脂身が肉にバランスよく入っており、

歯ごたえも柔らかく、ジューシーで食べやすくなっています。

以前までは、豚バラは厚みがあるほど良いのかと思ってましたが

この串ですと、厚みは関係ないと思わせてくれる一串です。

こちらはとり皮になります。

串の刺し方はじゃばら状ではなく、巻いてあります。

タレとの相性がよく、皮によく馴染んでいます。

カリカリと注文しなかったので、まわりは軽くサクッと

中の方はぷりぷりとしています。

こちらはさがりになります。

少し赤い部分が残るほどの焼き加減です。

食べるとほどよく柔らかく、かといって柔らかすぎではありません。

さがり本来の味を、塩味と共に楽しめます。

こちらは串ではめずらしい、コンニャクになります。

お肉のような見た目ですが立派なコンニャクです。

タレのほかに一味がすこしかかっているようで

お酒のおつまみだけでなく、ヘルシー志向の女性にもおすすめです。

他にも変わり種があります。

こちらは角天になります。

串は鳥・豚・牛が多いので、魚系の串は珍しいかと思います。

味はさっぱりしてますが、これがまた美味です。

ビールよりも、日本酒や焼酎に合うのではないでしょうか。

こちらはアスパラ巻きになります。

1本のアスパラを5つにわけた形になっており、

女性でも食べやすいサイズです。

こちらはしいたけになります。

塩が効いていますが、出来立てなのでアツアツです。

  

今回は変わり種もある中、おすすめがこちらになりました。

かしわになります。

お店によってはモモ身というお店もあります。

今回はタレ味にしていただきました。

ちょうどいい焼き加減で、タレとの相性も良いです。

ぷりっとしたかしわに、挟まれている玉ねぎのシャキシャキ感。

バランスの良い串となりました。

今回もごちそうさまでした!

住所・TEL・営業時間など
店名 焼鳥 とり和
住所 福岡県久留米市六ツ門町7-52
TEL 0942-32-8560
営業時間 17:00〜24:00
店休日 毎月第2,4日曜日

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です